蛸足配電盤

…気のおもむくままに、絵と写真と雑記で綴っていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自己満足なようで出来が不満な私の手作り(ブックカバー-1)

 1990年代前半に『花とゆめ』誌に「タッジー・マッジー」というマンガが連載されていて、主人公はオロオロと不安になった時、縫い物してて気持ちを静めていたと記憶してます(違ってたらすみません)。そこで私も時たま縫い物をするのです。ミシンは持っていないので縫い針でちくちくと。不器用なので仕上がりも不格好なのですが、実用に耐えれば良いかなと。


handmade_book_jacket_1.jpg
 ↑そこで作ってみたのがブックカバー。英語だと「book jacket」と言うそうですね。市販されてるものは文庫サイズが多いのですが、ここ数年一番多く読むサイズは新書判ですし、他にはA5判や四六判の本も読むので、自分で作ろうと思ったのでした。材料の布は、手芸用品店でハギレを買ったり、古着を再利用したりしています。また、一度だけ自作のイラストをアイロンプリント用紙に印刷して転写したのですが、布との相性が合わなかったのか、洗濯をしたら随分とかすれてしまいました。これら自作ブックカバーの中にはリバーシブルのものもあるのですが、そこまでする必要があったのだろうかと、今になって思います。そして、試行錯誤をして気付いたのですが、薄い本に厚手カバーをかけても不都合はありませんが、分厚い本だとゴワゴワになって表紙を閉じることが出来ず、せっかく縫った糸を取り除いて縫い直しました。逆に、薄い本に薄い布カバーですと、すべって外れやすくなることも。


 handmade_book_jacket_2.jpg
 ↑こちらは積み重ねてみた様子。上の三冊は皆、新書判なんですよね。いつもサイズを雑に図るから、大きさがマチマチになってしまいます。でも、大は小を兼ねるから、実用に耐えればOKという事で。


 しかし、4~5枚も縫ってるとさすがに飽きるし、本棚にしまい込んでいる本のカバーは紙で良い筈です。この場合、カバーをかける重要な目的は「本に最初から掛かっているカバーを埃や日焼けから保護する為」と「本棚の背表紙を他人に見られない様にする為」の2つが挙げられる事でしょう。その際、以前は不要になった本を処分する時に書店で購入時に付けてくれたカバーを再利用するのですが、今では書店よりもネット通販で本を購入する事の方が多いので、再利用の在庫もなくなりました。そこで、文具店で筒状に丸めて打っている上質紙を買ってきて、買ってきた本に合わせて切って使う事にしました。全て同じ色なので、パッと見何の本か分かりにくいのですが、統一感があって綺麗です。↓
handmade_book_jacket_3.jpg


 ↑ところで、アクセサリーパーツの店で、先っぽにチャームが付けられる金属製のしおりを買ったので、つい調子に乗ってストラップをあれこれ付けてしまいました。ひと昔前の携帯電話みたいです。正直言って読みにくいのですが、こういうものが何となく気晴らしになるので、気が済むまでジャラジャラ付けて使っていこうと思います。

  1. 2015/10/24(土) 22:37:37|
  2. 手作り

瓜坊(うりぼう)

■メール送信フォーム

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Category

Archives

Links

Search



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。