蛸足配電盤

…気のおもむくままに、絵と写真と雑記で綴っていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

聖蹟桜ヶ丘にもせんとくん?

 「ブロンズ像:府中にせんとくん?」と題する毎日新聞jp2013年06月09日付記事には、東京都府中市「桜通り広場公園」の、どこかで見覚えがあるようなブロンズ像の童子が紹介されています。奈良県の「せんとくん」のデザインと同じ作者によるものだそうです。


 この記事を見たとき、ふと「これと似たようなのを聖蹟桜ヶ丘でも見たような…?」と思い、先日、確かめに行ってきました。


 行ってきたのは、多摩市関戸2丁目の「ろくせぶ公園」という所。ブロンズ像は「ろくせぶのなかま」という題名で、やはり藪内佐斗司氏の作品です。プレートには「2005年夏」と書かれていました。童子が太陽を見上げていて、その周りをウサギが走り、カエルが行進しています。
rokusebu1.jpg
 聖蹟桜ヶ丘の童子は、府中の童子より、ちょっと年上な感じ。
rokusebu2.jpg


 「六畝歩(ろくせぶ)」というのは「旧面積単位 595.04平方メートル」で、先人の耕した土地の単位とのこと。六畝歩ごとに田を耕した先人の生きる力をこの町に、との思いを込めて名付けられたそうです。

 太陽のドヤ顔っぽい表情、ウサギの躍動感、カエルの湿っぽい質感が、良い感じです。
rokusebu3.jpg

rokusebu4.jpg

rokusebu5.jpg


 小さな公園の、ほんの小さな片隅なのに、印象に残る場所でした。

スポンサーサイト
  1. 2013/07/24(水) 18:35:02|
  2. 外出

井の頭自然文化園に行ったときの写真など

 うー、近況なり心境なり、思うところは色々あるのだけれど、文章化しにくい…。単に頭と口が回らないというのもありますが、文章化して何か良いことがあるのかと。ネットの外も内も、人は人を見くびるから、自己主張の必要性を痛感するのですが、一方で、クズな奴に心わずらわされるのもバカらしい。それが今の心境です。辛気くさくてすみません。
 世相がしょっぱい昨今ですが、そんなときだからこそ、気分転換を図って正気を保ちたいものです。先日、井の頭自然公園に行ってきたので、その時撮った動物写真を幾つかご紹介します。


▼木の実にかじりつくリスさん。歯が丈夫でうらやましい。
inokashira_risu.jpg


▼象の“はな子”さん66歳。歯が1本しか無くても、やわらかい食事で長寿を保つ。
inokashira_zounohanako.jpg


▼名前を失念して失礼します。ヤマネコさん。そのお隣には…。
inokashira_yamaneko1.jpg


▼謎の木製ヤマネコさん。存在理由は謎ですが、味わい深い。
inokashira_yamaneko2.jpg


 ……その他なんやかんやと歩き回って、動物の皆さんから元気をもらってリフレッシュしました。時間切れで水生物館に行きそびれたので、また後日。入場券をなくさないようにしなくては。


<おまけ>
▼うちにやってきたかえるさん。アマガエルは高いところを上りたがる習性があるそうで、時々ベランダにやってきます。チョコエッグのおまけみたいで可愛いです。でも、梅雨が明けてからは来てくれなくて寂しい。連日の猛暑だから、上ってる内にひからびちゃいますものね。
kaeru130626.jpg

▼スポーツ祭東京2013マスコットキャタクター“ゆりーと”さん。立川にて撮影。名前の由来は「ゆりかもめ」+「アスリート」。様々なスポーツに挑戦している姿を、あちこちの垂れ幕で見かけます。元気一杯。
yuriito_tachikawa.jpg

  1. 2013/07/22(月) 18:51:01|
  2. 外出

瓜坊(うりぼう)

■メール送信フォーム

06 | 2013/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Category

Archives

Links

Search



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。