蛸足配電盤

…気のおもむくままに、絵と写真と雑記で綴っていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

映画「CHEチェ 28歳の革命」感想文

(前回のエントリの続き)

 という訳で、駅前のTOHOシネマズで観てきましたが、大手のハリウッド映画ばかり上映しているような映画館でスペイン語がばりばり聞けるとは思ってもみませんでした(2008年スペイン・フランス・アメリカ合作映画だそうです)。また、132分という長さにもかかわらずテンポが良くてダレませんでした。ただ、長いだけあって登場人物やら出来事やらの情報量が多いので、ところどころ飲み込めなかった部分もあるのですが、そこは公式サイト(→こちら)や書籍で復習したいと思います。そして、それは次に公開される「39歳 別れの手紙」の予習も兼ねますし。

 前評判だと、ベニチオ・デル・トロがゲバラに似てると言われていましたが、写真で見る限り、実物の方が目がパッチリとしていて睫毛が長いから、それ程でもないように思いました。むしろカストロの方が、人差し指をつき立ててカン高い声で矢継ぎ早にしゃべる様子が、DVDで見た「コマンダンテ」を彷彿とさせて面白かったです。映画本編中に、仲間のゲリラが電話でカストロの口真似をして笑いを取っているとおぼしき場面があったのですが、やっぱり、相変わらず、アメリカにとってカストロは「キワモノ」扱いなのだろうかと思った次第です。

 「コマンダンテ」は、アメリカでは上映禁止されたそうですが、チェ・ゲバラがこうしてアメリカで映画のヒーローたり得るのは、やっぱり若くして死んじゃったからでしょう。もし今なお生きながられていたら、あることないこと言われたり、或いは負の側面ばかりが強調されて、危険な悪役扱いされたのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。でも、映画の中で「革命には狂気が伴う」とか言ってたし(正確な文言は忘れました)、キューバ革命というのは、それはもう、とても強烈で、かつ奇跡的なことなのだろうと思いました。だって、他の中南米諸国では、多くの人々がゲバラの後に続こうとして果たせず、非業の死を遂げたのですし。私も断片的な知識しかないから、きちんとしたことが言えなくて恐縮なのですが、60年代~80年代の恐ろしい時代を経て、近年、色々な変化が起こっているようで、この先どうなるか分かりませんが、そのような変化を経て、“北のアメリカ”もまた変化していくのだろうかと、TOHOシネマズでスペイン語の映画がかかるという一件からも感じさせられました。

スポンサーサイト
  1. 2009/01/22(木) 22:49:52|
  2. 映画・テレビ・芸能
  3. | トラックバック:0

マテ茶

マテ茶

 アルゼンチン産のマテ茶。先日、町田の「ひじかた園」(→こちら)にて購入しました。今ならお買い得価格なので、色々な種類が欲しくなっちゃうのですが、ひとパック500グラムと、かなりのボリュームなので、ひとつだけ選ぶことに。

 なぜアルゼンチン産のにしたかというと、アルゼンチンといえばチェ・ゲバラの出身地だし、映画「CHEチェ 28歳の革命」が公開されているし。

  1. 2009/01/22(木) 22:10:03|
  2. 映画・テレビ・芸能
  3. | トラックバック:0

我が家の「ど根性大根」その後

昨年12月5日付けエントリでご紹介した、我が家の「大ちゃん」。

▼その後もすくすく成長して、ついに花が!
daikon_flower_2.jpg

▼全体像
daikon_flower_3.jpg

 兵庫県相生市の元祖・ど根性大根「大ちゃん」は"コピー大根"を誕生させるために培養されていたり絵本になったりしているそうですよ。それにしてもキーワード「ど根性ダイコン」で検索すると、津々浦々でコンクリートやアスファルトの隙間から作物が生えるのがニュースになっているようですね。逆境にもめげずにたくましく育つその姿が、現代人の疲れて弱気になった心をつかの間、癒やしてくれるからでしょうか。……って、そこまで疲れているのか。

  1. 2006/03/26(日) 23:50:44|
  2. 映画・テレビ・芸能
  3. | トラックバック:0

今更ホワイトバンド

▼久し振りに使った、このお弁当箱
white_band_1.jpg

▼洗うために分解します(って、それ程大袈裟なもんじゃないですが)
white_band_2.jpg

▼フタのパッキンを外して、ふと気が付いた
white_band_3.jpg

・・・
white_band_4.jpg
・・・ホワイトバンド!!!

 ……失礼しました。

  1. 2005/12/30(金) 19:54:21|
  2. 映画・テレビ・芸能
  3. | トラックバック:0

夏休みが終わってしまいますが…

所さんも目が点々!?夏休みの宿題解決SP

 もはや夏休みや宿題とは無縁の身ですが、こないだの土曜日に放映されていたこの番組は、つい見入ってしまいました。「●紫キャベツで3色冷やし中華を作ろう!」というのと、「●逆さまでお絵かき」というのは、私もやってみたいな。

 また、自分ではチャレンジしたくないけど、面白かったのが「●数かぞえランキング」。小さい頃、学習漫画で「ヒトの髪の毛は約10万本」と書いてあったように記憶しているのですが、実際に数えてみると、この番組のADさんの場合は「92394本」とのこと。もしかして激務で減っている?それとも、これは誤差の範囲内?

  1. 2005/08/30(火) 23:42:27|
  2. 映画・テレビ・芸能
  3. | トラックバック:0

立つ動物物語

 渋谷へ映画「チーム★アメリカ/ワールドポリス」を見に行った時、「立つ動物物語」という映画の予告編が上映されていました。思わず笑い出す人が数名いらっしゃいました。

 公式サイトはこちら。→http://www.standup-animal.jp/

 …むー、「動物が立つ」から「感動スペクタクル」に至るチカラ技、そして一世を風靡したお茶の間アイドル・風太くんの複雑な家庭環境の暴露というワイドショーのような取り上げ方に、思わず興味しんしん、といったところでしょうか。



 そういえば、私も動物が立つのを目撃したことがありました。以下に再現したいと思います。題して「立つプレーリードッグ物語」。
(ロケ地:夢見ヶ崎動物公園、撮影日:2003年6月10日)


prairiedog1.jpg
「兄ちゃん、今日も雲が綺麗やねー」
「ほんま、ほんま」


prairiedog2.jpg
「あ、誰か覗いとるよ」
「いつものことや、気にすることあらへん」


prairiedog3.jpg
「それもそやな」
「そやろ」


prairiedog4.jpg
「おいおい、誰か覗いとるでぇー」
「いやだから、それはもぉええっちゅーねん」


 ……ああ、ちっとも感動スペクタクルにならない。


8月30日追記)「チーム★アメリカ/ワールドポリス」の感想は、次のエントリに書きましたので、良かったらそちらもどうぞ。

  1. 2005/08/16(火) 18:32:20|
  2. 映画・テレビ・芸能
  3. | トラックバック:0

Kamikaze Girls

 ご無沙汰してます。季節の変わり目は心身ともにコタエテ、参っています。

 季節はもうすぐ夏。新聞やテレビに、戦争関連の話題が増えてきました。そんな折、AnimeNewsNetworkという、海外のアニメ・マンガ情報サイトに「Kamikaze Girls」という文字が((2005-06-26 23:40:38)のところ)。何のことかと思いきや、映画「下妻物語」の海外公開版のことでした。

 また、一個下の記事「Anime!! at MoMA」 よると、7月10日から9月までの間、MoMA(ニューヨーク近代美術館)にて、1963年の「鉄腕アトム」から2005年の「マインド・ゲーム」まで、日本のアニメ作品を上映するとか。そのうち、現地の反応が日本のwebサイトのどこかでで読めるかな。

  1. 2005/06/29(水) 23:34:48|
  2. 映画・テレビ・芸能
  3. | トラックバック:0

数字の5をスペイン語で言うと…

 数字の5をスペイン語で言うと…

 cinco.jpg

 ブッブーーッッ!綴りが間違っています!正しくは「cinco」!発音は「スィンコ」です!

 それでは、1から10まで数えてみましょう。
 unoノ)、dosス)、tres(トス)、cuatro(クトロ)、cincoスィンコ)、seisイス)、siete(スィテ)、ochoーチョ)、nueve(ヌベ)、diez(ディス)、以上!!

 ……

 テキストの逐語訳が気に入ったので、4月からNHK教育テレビ「スペイン語会話」を見始めたのですが、進行役のお笑い芸人のノリが馴染めなくて早くも挫折しそうです。でも、テキストは5月号も買っちゃったし、120分テープを使い切るまでは、せめて録画だけでも頑張って続けていきたいと思っています。次の放送は、明日・木曜日の午後11時30分から。忘れないようにしなくては。

 ちなみに、上の写真は某パチンコ屋のネオンサインです。せまい角地に建てられたため、変なところで折り曲げられてしまいました。

  1. 2005/04/27(水) 21:01:14|
  2. 映画・テレビ・芸能
  3. | トラックバック:0

ダスト

 久し振りにブログの更新などして夜更かししてたら、テレビで映画「ダスト」をやっていたので、つい見入ってしまいました。DVD持っているのだけど。(テレビ局のページだと近い内に情報が流れるだろうから、内容が充実している、イタリアのkwCinemaのページにもリンクを貼っておきます。)

 残虐シーンや痛ましい出来事が数多く出てきますが、黒人青年エッジの明るいキャラクターや要所要所の音楽によって、むしろポジティブな語り口となっているように思いました。また、過去と現在の時間軸と、アメリカとマケドニアの隔たりを行き来することで、目の前がひらけてくるような痛快さを感じました。

 …とはいえ、拳銃の名手ルークの「What are you doing?」のセリフのところで、やっぱり、一緒に問いたい気持ちになりましたよ。「それは私も聞きたい。そんなとこで何してんのさこの人。」と。アスキーアートにすると、「ヽ(`Д´)ノウワァァン」とか「_| ̄|○」といったところでしょうか。

 もしおなじ気持ちの方がいらっしゃいましたら、文通のひとつもしたいものです。イタリアにはいそうな気もするけど、どうでしょうか。イタリア語では、上のセリフは「...e tu cosa ci fai qui?」と言っていたのかな。

 途中から何がなにやら意味不明の文章、と思われる方が多いことでしょう。どうかそっとしておいてやって下さいましー。○| ̄|_... 。

  1. 2005/03/24(木) 05:46:07|
  2. 映画・テレビ・芸能
  3. | トラックバック:0

瓜坊(うりぼう)

■メール送信フォーム

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Category

Archives

Links

Search



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。